パイプオルガンを間近で、、


ランチの後、ボストンライブラリーの日本語の本のセクションに寄って見る。。。 実は私ココの場所しらなかったのですが、、けっこー色々あることにびっくり 上下巻の下しかないとかもあるみたいだけど(笑 近所に住んでいたら、日本語に触れたい時にいいなーって思いました。 そしてその後 旦那様がオルガニストという友人につれられて、練習中の教会で見学させていただきました。

こも見えているパイプの他にも裏かわに鉛筆より細くて短いパイプもあったりして、、


少し演奏してくれたのですが、、 ほんとうに荘厳な音というか、、空間というか、、、
マジかで聞けるて、、
私は指で鍵盤 1個1個くらいしかさわる勇気が無い中、お友達の即興演奏も楽しみ(笑  ストレスの発散に思うがままに轢きまくったらきもちいいだろうなーー なんて思いながらなんとも贅沢な経験ができました。


これねー かわいいんですよ。 ストップとよばれる音の調節をするボタンのようなものなんですが、、オルガンの横にノブのようにでていて、、このセッティングで何通りもの違う音色のパターンを作れるの! オルガンて奥が深いですね。。

Asa-pyonさん貴重な経験ありがとう!!


にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ↑ブロンランキングに参加しています。ポチッと一押しお待ちしています。

5 件のコメント:

t-bear さんのコメント...

すごく素敵ですね~。
私も間近で見たい、聞いてみたーい。これを演奏されるなんて、かっこよすぎですね!!

Asa-pyon さんのコメント...

来てくれてありがとう!
オットがいろんな人にこの楽器を見せたがってる、ってのも事実だけど、私もいろんな人にこんなすごい楽器見てほしい!ってのもあったのですー。
だって、ホントにすごいでしょ?
パイプオルガンって、超マイナー楽器だから、実際どんなものかしらない人も多いみたいだし。
ボストンのこの教会のオルガンは、ほんとに世界でも屈指の大オルガンで、歴史もあるし、品質もトップクラス。マニアが世界中から見に来る程なんです。
って、ごめんねー、また受け売りしてるし〜。
t-bearさんも見てみたいようですね。いつかぜひどうぞー!
プライベートコンサートですよー♫

nemnem さんのコメント...

>t-bearさん
うん、とっても素敵でしたよー ピアノも小さいころに習ったきりでまったく弾けない私には、お友達が即興でひくオルガンに、いいねーいいねーとかいってアドバイスしてる旦那様の姿がなんか別世界でかっこかったです^^


>Asa-pyonさん
パイプオルガンの音ってなんか圧倒的で教会全体が楽器みたいですごいよねー
貴重な経験をありがとうねー
Asa-pyon夫婦の仲睦まじい演奏風景がとっても素敵でした^^

t-bear さんのコメント...

nemnemさんのコメント欄上ですいません。
Asa-pyonさん、反応して頂いてありがとうございます。何でも見たがり聞きたがりなもので。。。でもそんなにすごいものなら、益々興味が沸いてしまいます。機会があれば聞かせてくださいね!
nemnemさん、私もピアノ習ったけど、ダメで。。。ご夫婦お二人とも弾けるなんて、尊敬しちゃいますよね~。

Asa-pyon さんのコメント...

すみませーん、私もこの場をお借りしてt-bearさんにお返事させていただいちゃいますね。
ご興味持っていただいてうれしいです。
ぜひどうぞ!nemnemさんを通じていつか見学会でもしましょ?オットはたいてい毎日午後教会にいるので、いつでもOKですよ。
あ、それから、私の即興演奏はホントにめちゃめちゃなんです。ネコが鍵盤を歩いてるぐらいの超現代曲です(笑)。楽しいんだなーこれが。見学に来たら是非t-bearさんも即興演奏どうぞ♫
nemnemさん、場所お借りして、失礼しました。

Pages