ボストンの空



さて、この写真 いったい何時の空でしょう?

答えは、夜8時過ぎ・・・。 明るいなあ

最近はだいたい8時を回ったあたりから徐々に暗くなりはじめます。

夜の7時くらいだとまだ5時くらいなんじゃないかと錯覚してしまうアメリカの空

日本はどうだったっけ・・・ 

24 season6 ????

昨日、24 season6 の2時間拡大版が放映されたのだけれど・・・。
次回のスタートは2008年の1月とかなんとか 最後に行って、今期は一時終了??
いちおう 危機を脱出したのだけれど、なんか不完全なんだけれど、よくわからない
今シーズンが終わりでNEXTシーズンが来年の1月からはじまるのか、 今シーズンの途中休止で
続きが来年の一月からなのか・・・。 英語力のとぼしい私にはいまいち理解できなかったけれど、
おなじみの時計のカウントも途中の時間だったきが・・・ なんだなんだ??

Japanese Restaurant 〜DOUZO〜



バックベイステーションの通り沿いにある「DOUZO」という日本食レストランに行ってきました。

ESLのクラスに通うのに、よく利用するバックベイステーション。
駅の目の前が、コープリープレースのショッピング街
3,4分歩くと、グリーンラインのコープリー駅があります。
今回行った「DOUZO」は上の写真の「Neiman Marcus」という高級百貨店の通り挟んで、斜め向かいくらいにあります。(バックベイステーションの隣のビル)


店内はこじゃれた感じで、青山とかにありそうな感じ(この表現が陳腐だわ。)
店内はビジネスマンや老夫婦、で賑わっていました。
ほんとに日本の寿司文化はこちらに浸透しつつあり、みなさん器用にお箸を使うのに
いまさらながら関心しています。(ビミョーに持ち方違うんですが)

私も例にもれず"Sushi Dinner"(だったと思います。)をオーダー 25ドルなり、
それと" Dozo Roll" こちらは10ドルくらいだったかな?
あと串焼きを何本かたのみ終了。一本2ドル〜4ドルくらい。
(軽い夕飯だなあーー でも意外とお腹いっぱいになったのは年のせいか。。)



お酒を飲まず、チップを入れて二人で55ドルくらいでしょうか・・・。

普通に前菜を2、3品とかお酒とかも飲むと一人50ドルかもうちょっとかなあ
私は他の日本食レストランに行ったことがないので値段、お味とも比較ができないのですが
お得感はありませんが、コじゃれた雰囲気と食事を楽しみたいときにはいいかも

お寿司のお味はまあまあ美味しかったです。
串焼きは うーーーん?? てかんじでしたが 店内に寿司カウンターもあるし、
お客さんはほぼ、こちらの人ですが、カウンターで一人お寿司をつまむ日本人らしき人もいました。

一つ気になったのは、バーコーナーにディスプレイされている
日本語の縦文字の文章構成が左から右だったような・・・。 うーーん??

DOUZO http://douzosushi.com/
LOCATION: 131 DARTMOUTH ST BOSTON MA 02116
TEL : 617-859-8886

Haymarket ヘイマーケット



野外市場があるということで、地下鉄を使い"Haymarket”へ行ってきました。
シーフードの露天が2カ所ぐらいあったけれど、他は全部新鮮な野菜と果物
お花も少しあったかなーー。
金曜日と土曜日しか開いていないということで ものすごい賑わいでした。
私も何か買って帰ろうと思ったのですが、現地についたのが夕方だったからか
アスパラとかは元気がなくて 買うのをやめて帰ってきちゃいました。
やっぱり朝からいくのがいいかなー。
これからの季節 もっと暑くなるし・・・。

一区画グルリと一周すると 
通りの向こうには"Faneuil Hall Marketplace"

写真のクインシーマーケットをはさんで三つフードコートやショッピングビルが並んでいて、こちらも凄いこんでるーーー。
お友達によるとここのフードコートのクラムチャウダーがおいしいとか。

なんとも賑やかな場所でございます。

Haymarket
地下鉄 グリーンライン または オレンジラインの "Haymarket" で下車 
Quincy Market 
地下鉄グリーンライン または ブルーラインの "Government Center" で下車

Tree woker


最近、裏庭の木の剪定をお願いしたんですが、これがかなりクールな作業でした。

大きな木にひょいっとのぼり、細いロープを枝にかけて体をささえ、ひょいひょい木の上を歩き、枝を切って行く、そんな細いロープ一本で怖くないのかなあと思いながら写真をとっちゃいました。
となりの家の木にのしかかっていた枝を切ってかなりすっきりした我が家の楠(?)

でも先日枝の先までいって、ウロウロしているこの木の住人のリスを発見。
この大きな枝は、リスの小道だったのに、隣の木に飛び移れなくなってしまって、ちょっとかわいそう。
枝を上に上がってみたり、道探しをしていたけどあきらめて他のルートを探したらしい。遠回りだけどいちお地上に降りずに隣の木までたどりついていた。
少々リスにとっては住みずらくなったかしら。 
どうか引っ越さないでねえ。 
けっこー君に癒されているのだ。

Pages