ニューハンプシャーへ その4


ハイク後は、そのまま一本道をまっすぐ行くとつくSandwichという町に行ってみました。
これも朝食時のオーナーとの会話ででてきた町なんですけど、Sandwich townというとCape codを思い浮かべる人も多いと思うのですが、私もその一人で、ちょっとかわいらしい町で観光スポットとかもあるのかしらー なんて思っていたのですが、あまりに想像と違っていて笑えたのです。

Sandwich townというと Old English town いくつかあるsandwich townは、あのサンドイッチの由来となった伯爵?からとられているのですね。
タウンサインには、1763年とあり、Civil War より100くらい前、イギリスからの入植者が移り住んだ古い町なのだということがわかります。
帰宅したあと、気になってこの町のweb siteにいってみたら、名前の由来とか歴史とのっていました。
ちなみにサンドイッチは、肉の塩漬けが具材だったみたいです

サインネタが続きますが、アベちゃんがこれもNHならではだから、写真にとっとけば?といわれ素直に撮った"Frost Heaves"のサイン。。。


Heaveは、辞書で見ると、「引っ張り上げる、地面が盛上がる、海が波打つ」とかいう意味なんですが、まさにです。
冬は霜で地面がもりあがり、アスファルとが突起したりへこんだり、道はめちゃくちゃひどいコンディション
こんなのがそこら中。 毎年のことだし、暖かくなればまた地面はもとにもどるから、たいした補修工事もされないらしい。。 ひどすぎ。。。こんな道毎日運転したくないなー。
民家もポツーン、ポツーンとしかなくて、ただただ真っすぐいくしかない道。
いやーーん アメリカに来て、最初に住むのがこの辺りだったら? とか想像するとさみしすぎる〜
ってアベちゃんに話してたら、「さみしいし、冬は寒いし外にでないからやることもなくて、ニューハンプシャー州は アルコールプロブレムの人が多いんだよ」だって、そうなのー? でもなんかわかる気もするよー 
そう考えると、cityから少し離れていたって、アジアンマーケットが遠くたって、今住んでるとこはホントの田舎とは呼ばないのだよなー って、ご近所さん達とに交流もあるし、車で少しいけば、日本人のお友達だっているし あーアベちゃんが人里離れたとこに住んでなくてよかったよー。


sandwich townのセンターらしきところに辿りついたんだけど、、、
こういった小さい町にあるGeneral storeがつぶれていた。。。 General Storeは、日本語で昔風にいえば、よろず屋? とでもいうのだろうか? とにかく生活に必要そうなものがなんでも売ってる小さなお店。 大きなスーパーが近くにあるからとかそんな理由かもしれないけど、なんかさみしー感じで、、
ちょっと食べるとこでも探す?って車でうろうろしてたんだけど、なんにもない。

こちらはNorth Sandwichの郵便局とグロサーリストアがいっしょになった建物、なんか小さな町なのがわかるかなーって写真にとってみた。
とりあえず、一個サインが出ていた、レストランぽい所がどこかお店の中に入ってきいてみたけど、オーナーがそこ売っちゃってそれからはわからないなー という答えが返ってきた。 あらら、、、

このお店の中、奥にコーヒーを飲める大きなテーブルがあって、初老のおじさんたちが2、3人集っていた。。
なるほどー こういうとこでみんな会って話してるんだー って写真とろうかと思ったけどやめました。
ちなみにめちゃくちゃよそ者プラスアジア顔の私に、相手のほうが話をとめてうかがってる感じだったような(笑

そういえば、この2日間、白人しか見てない、、まあそんなにいっぱいの人に会ったわけじゃないけど、これもNHだからかなー?


せっかくニューハンプシャーにいったけど、まったくもって、観光情報になってない日記になってるけど(笑
また看板かよ!ってつっこまないでね。
これね、ハイクで転びまくった私に、アベちゃんがさっきマッサージのサインがでてたから行ってみようって辿りついたとこ、よく見ると Human Horse Hound ってあるんです。 えーー すっごいけど、
アベちゃん 「やってみたら?」 って、気持ちだけでやめときます。
でもどんなんだろー チャイといっしょにマッサージうけときゃよかったかなー すご腕のマッサージ師だったりして、、  こんな感じで観光というより???な町探検を楽しんだのでした オーナーの人Lovely Townって言ってた気がするんだけど、どっか見落としたのか? 
こういうなんでもない町のことのほうが筆がススム私って どうなの!?



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
↑ブロンランキングに参加しています。ポチッと一押しお待ちしています。

0 件のコメント:

Pages